りんからん日記

毎食朝ごはんでもいい。でもビールも飲みたい。

梅仕事

梅をたくさん頂きました

 

f:id:babymiffy:20180628070920j:image

 

こんなに立派な梅。

それもまた、特別な方から頂いたので、

どう使おうか、いろいろ考えました。

 

梅酒しか作ったことがなかったけれど、

大切な梅だからこそ、もっと普段から身近に食べられるものにしたいなと

梅干しをつくってみることに。

 

f:id:babymiffy:20180628070757j:image

 

梅干しといったら、常滑焼の甕。

いろいろ調べて、廃業された久松さんの甕0.8号のデッドストックを求めました。

サイズ感、小さいけれどちょうどいい!かわいい!

まずは塩分18%のをつけてみましたが、昨日蓋をあけたら、

梅酢がしっかりあがってきていて一安心。

というか、つけている間にもっともっと「漬けたい」と思ってしまい、

頭の中は梅のことばかり^^;

結局ジップロックでもつけたり、結局2号の甕をもう一度買ったりして、

塩分8%、10%ものにもチャレンジ!

f:id:babymiffy:20180628071809j:image

 

1つは蜂蜜漬けにするつもりです。

無農薬・無添加の梅干し。

なんか意識高い系。。。

 

土用干しが楽しみ。

 

 

なかなかパンに辿り着けない

私は普段あまりパンを食べない。

 

でも、ほんとをいうと、普段もパンを食べたいのに、

なかなか辿り着けないのである。

食べたくても食べられない。

 

 

私はトーストが好き。

 

ハチミツとクリームチーズ

バターとジャム、

ハムチーズ、

 

ああ、考えただけでもよだれが出る。

 

だけど、トーストするとなると、

当然ながら、トーストできる環境がないとならない。

私は会社員なので、会社で食べるわけにはいかないとなると、

朝か、夜しか、食べるチャンスがないのだ。

 

そして、私は普段、朝ごはんをあまり食べない。

朝ごはんは好きだけど、

休日しか食べない。

朝の早い時間には、お腹が空かないからだ。

 

だから、平日トーストを食べるとしたら夜しかないのだが、

酒飲みの私としては、夜はやっぱりつまみが食べたい。。。

 

…というわけで、私がパンを食べられるのは、

休日の、しかも、昼間。

 

つまり、月に数回しか無い。

 

私は朝ごはんが好きなので、

その月の数回のチャンスは、パンだけではなく、

ごはん、味噌汁、納豆のジャパニーズな朝ごはんも

数えるほどしか食べられない。

 

なかなかパンに辿り着けない。

難儀なことです。

 

f:id:babymiffy:20180415224848j:image

休日らしい休日。

今朝は早起きして、ヨガに行くなど、なんとも健康的な休日。

なかなか下がらない体脂肪率は、やはり身体を動かすより仕方がない。

 

私が行っているホットヨガは、字の如く室内が「ホット」なので、

私のように内臓が冷えてるような者にはありがたい。

汗かいてもデトックス効果なんて大したことないよ、という記事がでてたけど、

まあ、デトックスしてるかどうかはともかく、

ほっとくと汗をかくことを忘れてしまう身体なので、

サラサラした汗はここちよい。

 

気持ち良さついでに少し足を伸ばして、

パン屋さんにいって、クロックムッシュ

ベシャメルととろり感と、チーズの香ばしく、ジュワッとした油分を

コーヒーで飲み込むのはやっぱり格別。

あーあ、来週からファスティングだというのに、

そろそろ準備食、始めないと。

 

さて、今日はこれから何しよう。

 

f:id:babymiffy:20180415130047j:image

「丁寧な暮らし」についてのモヤモヤ

丁寧な暮らし、暮らしを楽しむ、などなど、
こういったフレーズを聞くたびに、なにかモヤモヤしていた。

 

Instagramでも、ハッシュタグに #暮らしを楽しむ とかついていると

なんとなく嫌だなっておもう自分がいたのだけど、

私がぬか漬けしてたり、好きなごはん作ったりするのをみて

「丁寧な暮らしをしてて、うらやましい」とか言われたときがあって、

ゾワゾワきた。

ていうか、わたし、食べるのが好きなだけで、めっちゃ雑やで、っていうのもあったけど、

なんかもっと、別のゾワゾワだった。

 

なんでなんだろうなあ、と思ってたけど、この小島慶子さんのお話をみて、

なるほど、これだわ、と思った。

 

<引用>

「パックじか食べ女だけにはなりたくない」と強く思い続けて40年余り。それって裏を返せば『パック食べ蔑視』でもあるわけで、そこから解放されたほうが人としては寛大でいい人ですよね(笑)。

 

なんとなくなんだけど、丁寧な暮らし的なものを

推してるひとたちって、すごく心が狭いひとな感じがしてたからなんだよね。

で、わたしは「心、狭くありません!もうちょっといい人です」と言いたかったのだろう。

 

なんてちっさい私。

やれやれと苦笑するのであった。

 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180406-53420811-woman-life

春のデトックス

 

夏に引き続き、ファスティングをやりました。

今回は7日間。

春はデトックスの時期というけれど、私も自然の一部にでもなったかのように、

毒出しをしてました。

4月の中旬からももう一回やる予定。

集中的に身体の中の要らないものを外にだして、すこし身軽になろうと思います。

 

というわけで次のファスティングに向けて、

なるべく「まごわ食」をとっている。

 

私はなんとなく胃腸の働きが弱い感じがするというのは

前にも書いたけれど、その為にやはり咀嚼と運動が欠かせないようだ。

また、食べるものとしては発酵食品。

というわけで、手軽に食べられる納豆を。

 

納豆には刻みめかぶと亜麻仁油を入れている。

ファスティング後にとる油は特に気をつけねばならないということで、

低温圧搾の亜麻仁油を取るようにしているが、

油単体では癖があってなかなか難儀。だけど加熱してもいけないというからどうしようかと。

でも、納豆に入れて食べてみると、まるでたまごの黄身を入れたかのような

コクとなって、本当に美味しい。

 

最近楽しんでいるのはたまごのぬか漬け。

酸味と塩気が美味しい。

 

f:id:babymiffy:20180331150050j:image f:id:babymiffy:20180331144241j:image f:id:babymiffy:20180331144257j:image 

揚げ物について

揚げ物というのは、とかく敬遠されがちだ。

 

ヘルシーでないというイメージや、

扱いが大変、だとか、

難しい、危ない、色々と。

 

私もずっとそう思ってきたけど、

ここ数年でかなり向かい方が変わった。

 

揚げ物は、おいしい。

何事もサクサクと、あつあつに、

私ごのみで全てを包む。

なんと言っても、ビールに最高じゃないか。 

 

しかも、よくよく考えれば、

熱した油に放り込むだけだ。

長く煮込む必要もなければ、注意深くアクを取り続ける必要もない。

 

入れたら、ジュー

揚がったら、ジャー

 

これだけだ。

 

フィルター付きのオイルポットを買ったのが功を奏した。

ちいさなフィスラーの鍋でちょこちょこ揚げて、さっさとオイルポットに戻す。

 

大きな揚げ物鍋なんて要らない。

この手軽さがあれば、揚げ物なんて、大したことないのだ。

 

今日は紅生姜いりのつくね揚げ。

山芋のぬか漬けと、鯛の昆布締めをアテに。

 

もっともっと、揚げ物に寄り添ってみようと思う。

 

f:id:babymiffy:20170317204745j:image

こまったことにならずにすんだ

 

しばらく経ちましたが、検査の結果、幸い癌ではなかったようで、

また少ししたら、経過観察と相成りました。

 

不思議なもので、かもしれないって時には

もう、そこが痛いような気がしてならない。

ちがいますとなれば、痛みも引く。

 

素晴らしい勘違いぶりに

暗示をかけることの威力を感じました。

 

病は気から、なんてしょっちゅう聞くけど、

人は思うだけで、自分で自分を癒したり、傷つけたりできるんだね。

 

ちょっと怖いよね

 

f:id:babymiffy:20180106001458j:image